Home 再開発の趣旨 計画地概要/  本町CD地区  周辺環境  /  ボリューム図/ お知らせ/  協議会について/  
 
 

姫路本町CD地区再開発まちづくり協議会規約

施行:200461

    改正:2018925

(名称)
1条 本会を、「姫路本町CD地区再開発まちづくり協議会」と称する。

(目的)
2条 本会は姫路本町CD地区において、住民並びに関係権利者の総意で、共同の利益と地区の繁栄を図り、都市再開発法に基づく市街地再開発事業を円滑かつ早期に実現するための研究・検討を行うことを目的とする。

(会員資格)
3条 本会の会員の資格は、次のとおりとする。

(1)姫路本町CD地区に土地、建物を所有する者

(2)姫路本町CD地区の借地権者、

(3)姫路本町CD地区の借家権者

(4)本会の目的に賛同し、本会が認めた事業協力者、事業推進調整役

(事務局の設置)
4条 本会の事務所を、姫路市本町68番地に置く。

(協議会の事業)
5条 本会の事業内容は次の通りとする。

(1)   市街地再開発に関する調査・研究

(2)   市街地再開発に関する基本方針や基本プランの協議・立案

(3)   市街地再開発に関する関係機関との調整

(4)   その他、本会の目的達成のために必要な事業

(役 員)
6条 本会には次の役員を置くものとする。

(1) 会 長      1
(2) 副会長     若干名
(3) 役 員      若干名

(役員の任務)
7条 前条の役員の任務は次の通りとする。

(1)会長は、本会を代表し、会務を総括する。

(2)副会長は、会長を補佐し、会長に支障のあるときはその職務を代行する。

(役員の選出)
8条 役員は会員総会において、会員の中より選出する。

(総会)
9条 本会で議決が必要な場合、会長が必要に応じ会員総会を招集する。

(役員会)

10条 会長は必要に応じ役員会を招集し、会務に関する事項を協議決定する。

(事業協力者)
11条 本会は、目的を達成するため、事業協力者を置くことができる。

(1)事業協力者は、本会の目的を達成し得る、知識、実績、見識、技術、資金等を有する法人又は法人の共同体とする。

(2)事業協力者は、「事業協力者募集要項」を策定した上で、指名公募し、選定委員会が選定し承認し、本会が置く。

(3)「事業協力者募集要項」は、別途定める。

(事業推進調整役)
12条 本会は、目的を達成するために、事業推進調整役を置くことができる。

(1)事業推進調整役は、本会の目的を達成し得る経験、見識、技術を有する個人又は法人とする。

(2)事業推進調整役は、会長が推薦した上で、選定委員会が承認し、本会が置く。

(選定委員会)
13条 選定委員会は、事業協力者、事業推進調整役の選定、承認を行う。

(1)選定委員会は、行政、建築、都市計画、法律等の専門家等で構成する。

(2)選定委員会の委員の選定は、役員会で定め、本会が置く。

(附則)
14条 この規約、本会設立の日である、200461日から施行する。

(2)改正:2018925





























姫路本町CD地区再開発事業 
HIMEJI HONMACHI CD Area Redevelopment Project